心理学と行動

なぜ、値段の高いもの = 良いものと判断してしまうのか?

なぜ、値段の高いもの = 良いものと判断してしまうのか?
この心理学が使えるのは、こんな人

・「価格が高いもの = 良いもの」である理由が知りたい方
・買い物上手になりたい方
・本当はいらないのに、つい高いものを買ってしまう方

「価格が高いもの = 良いもの」の法則

ものの値段を決めているのは、それにかかるコストが関係しています。

ものを売るときの値段は、基本的に

販売価格 > コスト

になります。販売価格がコストよりも低いと利益が出ず、赤字になってしまうからです。

コストが高くなると、それにつられて販売価格も吊り上がって行きます。

たとえば、1カット1,500円の高級なケーキがあった場合。

500円の普通のケーキを買わずに、高級なケーキを買う理由はどういったものがあるでしょうか。

使われているイチゴが希少なものだったり、長い時間と手間をかけて作られていたり、超有名店の一流パティシエが作っていたり…

などの理由があるから、1,500円でもお金を出す人がいるのでしょう。

良いものを提供しようとすると、どうしてもコストがかかってしまいます。

そのコストを回収するためには、販売価格もコストに合わせて吊り上げなけければなりません。

裏を返せば、

販売価格が高い = コストがかかっている = 良いもの

という式が成り立ちます。

コストが高いからこそ、人は納得して高いお金を払うのです。

「価格が高いもの = 良いもの」の法則は、必ずしも成り立たない

しかしこの「価格が高いもの = 良いもの」の法則は、必ずしも成り立つとは限りません。

理由はシンプルで、コストが大してかかっていないのに、高い値段をつけるお店があるからです。

「詐欺だ!」

と怒る人がいるかもしれませんが、べつに詐欺でも悪いことでもありません。

販売価格を決めるのはお店側の自由で、必ずしもコストに合わせて販売価格を決める必要はないからです。

むしろ、賢く判断しなければならないのは、モノを買う側の私たちのほうです。

正しくコストを計算し、コストと販売価格を比較し、買うべきかどうかを決めるのが正しい手順です。

しかし現実には、ロクに比較や検討もせず、大して価値のないものに高いお金を払ってしまう人は後をたちません。

なぜそのような事が起こってしまうのでしょうか?

全ての情報を検討している暇はない

本来、正確に良いものであるかを知るためには、販売価格を見るのではなく、モノにかけられているコストを見る必要があります。

では、なぜそのようにしないのかと言うと、

そんなことを考えている暇がないからです。

たとえば、いつも外食をするたびにメニューを見ては、

「この料理に使われている食材の原価は…」

なんていちいち計算していられないですし、

服を買うときに

「この服の生地には上質な素材が使われていて、デザイナーの人件費がこれだけプラスされるから…」

などと考えて選ぶ人はいないでしょう。

私たちの生活では、たくさんの情報にふれ、常に選択を迫られ、次々と対処していかなければなりません。

いちいち考え込んでいたら、脳がパンクしてしまいます。

しかし、わざわざ情報を集めて検討しなくても

販売価格が高い = コストがかかっている = 良いもの

という式が成り立つのであれば、選択はとてもスムーズに行うことができます。

モノの値段だけ見れば、品質を判断できるのですから。

そのおかげで、私たちは時間やエネルギーを無駄に使うことなく、

とても効率よく、合理的な判断をできるようになっています。

値段が高いもの = 良いものと判断するのは決して愚かな行為ではなく、

私たちが生活していく上で、とても便利で必要不可欠な行為なのです。

専門的な分野ほど錯覚しやすい

「価格が高いもの = 良いもの」の法則は、いつも私たちを強制的にコントロールする訳ではありません。

インド料理のお店に行って、カレーの値段が10万円だったら

「こんなの注文するか!」

と怒って、すぐにお店を出て行くでしょう。

それは、私たちがカレーにかかるコストが一体どのくらいかが分かっていて、

コストに対して価格が高すぎると判断できるからです。

けれども、ジュエリーショップでダイヤモンドのネックレスを見ているときに、30万円の値札がついていても

「へえ〜、結構高いなあ」

という感想しか出てきません。

そのネックレスにかかるコストが、たとえ5万円だったとしても、です。

私たちの普段の生活に馴染みのないモノほど、正しいコストを知るのは難しくなります。

つまり専門性の高い分野こそ、価値を錯覚してしまうリスクがあるということです。

このリスクを回避するためには

・信頼できる専門家のアドバイスをもらう

・値段で判断せずに、数多くの情報から検討する

という方法がありますが、どちらも手間がかかるのと、いつも可能とは限りません。

内容が専門的で、コストがわからないモノを選択するとき、最も手っ取り早くて有効なのは

「価値を錯覚してしまう可能性がある」

と知っておくことです。

「価格が高いもの = 良いもの」の法則がほとんど自動的に働くことを理解するだけで、

「あれ、もしかしたら錯覚してるかもしれないぞ」

と立ち止まって考える事ができます。

賢い消費者になるため、「価格が高いもの = 良いもの」の法則は常に心に留めておきましょう。